Tag Archives: 建築

EUR・ローマエウル地区 ファシズム×建築 黒と白

イタリア・ファシズムの面影を見ることができる場所がローマにあることをご存知でしょうか?その場所は「白い街」とも呼ばれ、ファシズムの理想に沿って計画された街であり、ローマの中心からメトロに「揺さぶられ」ながら20分ほどで容易に行けるところなのです。その独特な景観は多くの映画監督を魅了し、舞台として数多くの映画に彩りを添えてきました (La dolce vita [甘い生活]、Roma città aperta [無防備都市]、l’ultimo bacio [最後のキス]、Il boom・・・等々)。 Continue reading EUR・ローマエウル地区 ファシズム×建築 黒と白

Advertisements

イタリアの建築様式いろいろ

みなさん、こんにちは!

旅行の際にたくさんの歴史的建築物を観光するけれど、いつもそれについての知識が足りず、ただ見て写真を撮るだけになってはいませんか? ・・・私がそうです笑

勉強も兼ねて、今回はイタリアの建築の時代ごとの特徴をまとめてみます。今度建築物を目にするときには、「あっこれは○○様式だな?」と少しでも背景にも意識を向けられると楽しくなりそうですよね。高校の世界史で見たことある!という用語もたくさん出てきますよ~。
Continue reading イタリアの建築様式いろいろ

ミラノの守護聖人サンタンブロージョ

ミラノの守護聖人サンタンブロージョ(サント=聖、アンブロージョ=本名アウレリオ・アンブロージョ、4世紀後半の人物)に捧げられたこのバジリカ(以下、便宜上教会と呼びます)は、10世紀から12世紀の時期を代表する建築です。正式名称はすごく長い(Basilica romana minore collegiata abbaziale prepositurale di Sant’Ambrogio)のですが、そこは素通りします。 Continue reading ミラノの守護聖人サンタンブロージョ

サン・ロレンツォ礼拝堂

 ミラノの中心とも言えるドゥオーモ広場から南西に500mも行かないくらいのところにある、サン・ロレンツォ礼拝堂。

いつ、誰の命で建てられたのかは、いまだにはっきりしていません。この建築のために、周囲にあった古代ローマ時代の建築を取り壊して、資材をリサイクルしたそうです。例えば、土台の部分は、昔この礼拝堂のすぐ側にあったコロッセオから流用しています。あるいは、礼拝堂の前に立ち並ぶ大きな支柱は、ミラノの防御壁(イタリアの都市は、昔は、敵の攻撃から守るための壁に囲まれていました)の中にあった神殿から運び込まれたものです。
Continue reading サン・ロレンツォ礼拝堂