イタリアのクリスマス もう一人の主人公ベファーナ

ベファーナ

クリスマス休暇の最後の日、1月5日から御公現祭(Epifania エピファニア)の6日にかけての夜にイタリアの子どもたちが楽しみにしているベファーナという魔女が箒に乗ってやってきます。彼女は醜く、こぶのある顔に 鉤鼻と尖った顎をしており、煙突を通って家に入ってくるがために煤にまみれたぼろの服を着ています。彼女は一年間いい子だった子には用意された靴下にお菓子とプレゼントを、悪い子だった子には石炭を入れていくのです。(実際には石炭をかたどった甘いお菓子です!)

ベファーナ伝説の始まりはイエスの誕生の日にさかのぼります。イエスの誕生を祝うために贈り物を持ち向かっていた三博士は道に迷い、一軒の家に住む老婆に道を尋ねます。道を教えてくれた彼女に彼らは一緒にイエスを訪問しに行こうと誘うも、彼女は忙しいからと誘いを断り家から出ませんでした。その後後悔した彼女はお菓子を詰めたかごを携え追いつこうと探し回りますが、三博士とイエスを見つけることはできませんでした。この時に途中で出会った子どもたちにお菓子をあげていきます。そのうちの一人がイエスであること、そして自分を許してくれることを願いながら。このようにしてベファーナはイエスに会うことを待ち望みながら子どもたちにお菓子を配り、それが現在まで至るということです。

なんだかこのかわいそうな老婆ベファーナが愛らしい存在に思えてきませんか?実際イタリアで多くの人に愛されており、関連したお祭りも催されています。子供だけではなく大人も、友人や恋人同士でプレゼントやチョコレート、キャンディーを贈りあうそうです。

因みにベファーナの名の由来は、ギリシャ語で出現を意味する「エピファニア」から来ています。 エピファニアはこの祝祭日の名前であり、なんと俗語でもベファーナはこの御公現祭のことを表すため、ベファーナと御公現祭は切っても切り離せないと言えるのではないでしょうか。

このベファーナにせよプレゼピオにせよ、キリスト教との関係が色濃く残る行事が現在も身近に残っているところはイタリアならではというように感じます。

日本ではクリスマスイブを盛大に祝い、その後は年末の準備で忙しくなった後お正月はのんびりと過ごすのが一般的ですが、イタリアではクリスマスに関するイベントが一月に入ってからも続くことを初めて知った時には驚きました。日本のお正月が恋しいことは否定できませんが、今年はイタリア式の年末年始の過ごし方を楽しもうと思います。

では!

マイ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s