ニョッキ物語

皆さん、今日は一つのイタリアの特徴ある料理を紹介したいと思います。それはニョッキです。ニョッキは主にジャガイモと卵と小麦粉で作られます。柔らかくてとてもおいしいです。ニョッキの作り方・材料・形・色などはイタリアの地域によってかなり違います。例えばカボチャのニョッキはオレンジで、ホウレンソウのニョッキは緑になります。

アメリカからジャガイモが輸入される前から、北イタリアにニョッキのような食べ物がありましたが、19世紀からジャガイモのニョッキは一つのイタリアの特徴的な料理になっりました。

ニョッコの父親

カーニバルの特別な人物は『ニョッコの父親』で、真っ赤な顔をしているお年寄りです。その人物はとても古くて,北イタリアのヴェローナに生まれました。それに、ヨーロッパの歴史のなかで一番古い仮面だそうです。

『ニョッコの父親』は長くて白い ひげを生やしています。それから、赤くて茶色い服とマントを着て、変わった帽子をかぶっています。ヴェローナのカーニバルの王なので、ニョッコを刺してい る大きなフォークを手に持っています。家来に連れて、子供にはあめをあげて、大人にはニョッキの小さな袋をあげます。毎年、誰が『ニョッキの父親』になる のかヴェローナの市民によって選ばれます。投票した市民はトマトソースで味付けしたニョッキが振舞われます。

ニョッキの作り方

4人分の材料はジャガイモが1キロ、小麦粉が300グラム、卵が1個だけです。

まず、水の入った鍋を火にかけます。湯が沸くのを待っている間、ジャガイモを洗います。

それから、湯が沸いた後でジャガイモを鍋の中に入れて、1時間ぐらい煮なければなりません。ジャガイモの外も中も柔らかくなったら、火を消して、鍋の中身の水切りをします。そのために、冷たい水でちょっと冷やして、ぬるいジャガイモをむきます。

そして、皮なしでジャガイモをポテト・マッシャーの中に入れます。ジャガイモを大きい丼の中でつぶします。

その後は、小麦粉と割った卵を大きい丼の中に入れて、手早く材料を混ぜます。柔らか過ぎるものにならないように注意してください。平らな面の上で手で練って球を作ります。それをあまり細過ぎないソーセージのように巻いて、ナイフで1,5−2センチの長さに切ります。布巾の上にニョッキを置いて、少しずつ、沸いた湯の中に注意しながら入れます。1−2分後、水を切って、ニョッキを湯から出して、お皿に置きます。

ニョッキはいろいろな方法で味付けられます。一番簡単な方法はバターとおろしパルメザンチーズを付ける方法です。あるいは熱いトマトソースとおろしパルメザンチーズとサルビアで味付けられます。

美味しいからぜひ食べてみてください!

キアラ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s