観光でミラノを訪れるなら知っておきたい5つの路線

ミラノには公共交通機関としてトラム、地下鉄、バス、パッサンテ(地下鉄とは別の鉄道。一部地下を走る)があります。路線がたくさんあるため、パッと来た人にはどれが便利なのか分かり辛いと思います。更には、毎年どれかの路線が経路変更されたり、統廃合されたりしていて、旅行者が使いこなすのはなかなか難しいです。そこで、美術、買い物、仕事など、色々な目的でミラノを動き回った僕の目線で、目的別におススメしたい路線を5つ紹介します。

  1. トラム1番

観光で便利です。マルペンサエクスプレスの到着するカドルナ駅からレプッブリカ駅までの区間には、コルドゥーズィオ駅(ミラノ大聖堂まで徒歩2分)、スカラ座前駅(スカラ座の前・・・その名の通り)、モンテナポレオーネ駅(ブランドショップが集まる通り)、レプッブリカ駅(地下鉄とパッサンテの乗り換えに便利)など、ポイントが幾つもあります。他の路線と比べて、切符の検札が多い印象もあります。

  1. トラム3番

美術が好きな人におススメです。なぜなら、ミラノ大聖堂の近くからスタートして、トリーノ通りを抜け、サン・ロレンツォ教会やサント・エウストールジオ教会のすぐ横を通り抜ける経路だからです。アペリティーヴォをしたい人にもいいです。サン・ロレンツォ教会付近にはそれ向けのお店が並んでいます。同教会の裏手は芝生で覆われた公園が広がっています。foto-8nov2015-Ken

  1. 地下鉄5番(紫線)

地下鉄は1番、2番、3番、5番が運行しています。そのうち、最も熱いのは5番です。西の端は、サン・シーロ・スタジアムから出発し、ガリバルディ駅を通って、ミラノ市街地の北部エリアへと伸びています。サッカーを見に行く人には必須路線ですし、ガリバルディ駅で降りればミラノの都会的雰囲気のエリア、ガエ・アウレンティ広場やコルソ・コーモなどへのアクセスに便利です。2015年11月現在では、まだ全ての駅が営業しているわけではありません。徐々に使える駅が増えていっている途中です。

  1. パッサンテS5, S6, S11

パッサンテというのは、つまりは鉄道です。ミラノ市内では主に地下を通りますが、市外へ抜けると地上を走ります。トラムや地下鉄を同じチケットで、そのまま乗ることが出来ます。(有効時間内であれば、併用も出来ます。但し、トラムが90分間乗り降りできるのに対して、地下鉄やパッサンテは有効時間内において1回だけ乗れます。)

この3路線は、市内においては、東西に移動する時に便利です。覚えておくといい駅は、ミラノ・ガリバルディ駅(地下鉄のガリバルディ駅相互乗り換え)、ミラノ・レプッブリカ駅(同様に相互乗り換え)、ミラノ・ポルタ・ヴェネツィア駅(これも同じ)の3つです。地下鉄だけだと東西の移動が不便な時が多いため、パッサンテと組み合わせて使うことをおススメします。

  1. トラム16番

便利な区間は、ミラノ大聖堂駅からサンタ・マリア・デレ・グラーツィエ駅までです。時間にして、およそ10分です。レオナルド(ダ・ヴィンチ)の”最後の晩餐”を見に行く際に、利用してください。

ミラノでは、上記以外にも、地下鉄4号線が建築中だったり、5号線の駅が徐々に増えていたり、トラムの経路が”その日”だけいきなり変更になっていたり、と刻一刻と状況が変わっています。できることなら、ATM(運営会社)のアプリをダウンロードして、急な経路変更やストライキでサービスが止まる路線がないかどうかを確認することをおススメします。

上の路線に加えて、あとは自分のプランに合わせた路線番号をいくつか確認しておけば交通機関に関しては問題ないでしょう。良いご旅行を。

ケン

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s