ミラノ万博、残り2ヶ月

今回は、残り2ヶ月を切ったミラノ万博の最近の様子を、現地ならではの視点でお伝えしたいと思います。

10月31日までの会期のミラノ万博は、9月に入ってから大盛況です。12日の土曜日はなんど一日だけで25万人が訪れたそうです。6月か7月に、週末の一日の入場者数が10万人、平日で6〜7万人と聞いたことがあったので、9月は大幅に増えていることが分かります。

増えた理由は幾つかありますが、一番の理由は「手元に残っていたチケットをそろそろ使わないと万博も終わってしまう」と感じ始めた人が多いことです。事実、12日の25万人のうち、10万人分は日付フリーチケット(購入後に任意の入場日を指定するタイプ)を用いた人達だったそうです。

Itappon-Foto-15set2015-Ken
ミラノ万博

そんな状況なので、週末の万博会場内ではお昼ご飯にありつくのも一苦労です。どこに行っても50から100人の待ち行列があり、私も先日はぶどう一パックとキウィのスムージーを(会場内にある)スーパーで買って食べるのが精一杯でした。

良い面に目を向けると、会場内で連日開催される色々なイベントが多くの人で盛り上がる点が上げられます。各国の代表的な踊りや試食イベント、フードバトル、民族音楽の演奏やディスコなどなど、人が集まると熱気も増して色んな国の人達と一緒に盛り上がれます。

気候的には、9月に入ってからは過ごしやすい時間帯が多くなっています。最高気温は23度から26度くらいですし、最低気温は12度から17度くらいで朝晩は寒いくらいです。万博会場に一日中いる予定の人は、夕方以降に上に羽織るものを一枚持っていくと安心だと思います。会場内にはOVSの店舗もありますので、急に必要になった時はそこで購入することも出来ます。

最後に、日本館についてですが、先日レプッブリカ紙のミラノ版の記事で「日本館、待ち時間は240分」と報道していました。待ち時間の長さは万博では既に誰もが知る事実です。そして、その記事の数日後にはすぐに待ち時間が330分(5時間30分)という記録を更新していました。もっとも、レストランエリアとイベントスペースには、別に入口が用意されているのでいつでも入ることが出来ます。

これから10月31日まで入場者数は増える一方ではないか、と私は予想していますが、果たしてどうなるでしょうか。10月後半ともなると、人が多すぎてごちゃごちゃしてしまい、ゆっくり観覧することは出来なくなると思いますので、来場したいと思っている人はなるべく早めに来る方が良いと思います。それではまた、次の記事でお会いしましょう。

ケン

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s