イタリアに留学する (3)

大学生活(2013年)

前回は、大学の講義に関することを書きました。今回も、同じ路線で書いてみたいと思います。

事務手続き

僕の友人のアレッサンドロは、11月も終わろうかというこの時期でもまだ学生証が届いていません。入学の手続きは全てオンラインで済ませていて、授業はほぼ初日から出席しています。学生証がないと試験を受けることができないので、さすがにそろそろ受け取っておきたい、ということで、一緒に学生課に行ってきました。

一緒に、というのは、彼は対面窓口での手続きがこれまでになかったため、学生課のある校舎には行ったことがなく、その一方で僕は国際学生課に何度か立ち寄っていたのでどこになにがあるかだいたい分かっていたためです。普段授業があるのは別校舎(トラムで20分くらいかかる場所です)です。

学生課に入ると、30個くらいのブースに分かれていて、学部や問い合わせ内容に応じて、番号をとってから待つ、という仕組みになっていました。30個のブースと書きましたが、稼働しているのは実際には15個くらいです。

法学部やら医学部やら文学部やら。色々ある中でアレッサンドロはあるブースでやり取りを行いました。ブースから出てきた彼に、どうだった?と尋ねると、こう言いました。

「郵送されているから、もうしばらく配達を待てって言われた。」
僕は理解できなくて、
「それって、いつ発送したかによっては、意味ない答えにならない?最近送ったのなら配達中というのもありうるだろうけど、9月とかに送ったんだとしたら、配達中なんてあり得ないと思うよ。」
それもそうだね、と言いつつ、イタリアだからそれもありうると彼は言いました。学生証という内容にも関わらず、配達記録にもなっていないようです。

学生食堂とバール

学生課のある校舎の側には、これまで行ったことがなかった学生食堂があります。試しにアレと一緒に行ってみました。すると、学生証以外の別の証明書が必要らしくて、昼ご飯は諦めました。そのすぐ横にはバールもあって、そこは自由に使えます。そこで、具材付きフォカッチャを食べました。一つ2.5€したのですが、内容に乏しく、もう食べることはないでしょう。

そこで見た張り紙が面白いので紹介します。ミラノではたまに見かけるのですが、バールのカウンター越しにこんな張り紙がありました。

  • 「コーヒー」…3€
  • 「コーヒー御願いします」…2€
  • 「こんにちは。コーヒー御願いします。」…0,70€

つまり、お行儀よく振る舞いましょう、という啓発ですね。注文はアレがしたのですが、彼はいつも丁寧に話すので、このバールでもカウンターのおばさんは彼をほめていました。ただし、フォカッチャは値段が固定制でした。

その他

大学では、Wi-Fiはほぼ全域で使えるようです。また、ウエブで見る限り、学生向けの運動施設もあり、図書館では視聴覚教材等も整っているようです。アウレリオ(アレとは別の友達)は、聞くところでは、しょっちゅう図書館で映画を見ているようです。

書き忘れるところでしたが、いたるところにエスプレッソの自動販売機があります。一杯0,5€です。そして、便利な場所にある自動販売機の前には、いつも列ができています。みんな、習慣的に飲むからです。他に販売されているのは、水(ナチュラル、炭酸)が半リットルでエスプレッソと同じ値段、クラッカーやお菓子もあります。

次回は、じわじわと近づいてきている学期末試験について書きたいと思います。

以上

ケン

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s